■プロフィール

ぴよっぷ~

Author:ぴよっぷ~
■三国志大戦
メインIC:蒼龍(兵卒)
サブIC:紅蓮(使ってねぇなぁ)

■戦国大戦
メインIC:ぴよ
サブIC:ぴよ@造反中

メインICはココロコネクト縛りです。
あれ、こういうのって普通サブカ?


下記は三国志大戦の内容です。

自己紹介と過去のデッキはこちら
↑(注:かなり過去です)
パワプロ式データはこちら

チーム【蔡文姫同盟】所属w
リーダー:ぴよっぷ~
サブリーダー:白夜
蔡文姫同盟

現在1人チームヽ(´▽`)ノ
白夜が抜けた。。


☆メインデッキ
模索中


ちなみに西武ファンです。
西武さいこー。





鬼灯推進!



当ブログはリンクフリーです。
相互リンクは要相談。

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■管理人を喜ばせてくれた人数

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
そうだ、京都いこう ~その2~
さて、今日は昨日の続きです。
きりきり書いていきましょう~。


皆さんは最近旅行に行きましたか?





さて。

竹林の小道での癒されを胸に、そのまま進んでいきます。

竹林の小道を出たところに、大河内山荘庭園というのがありました。
ここも非常に良さそうだったのですが……


入園料が1,000円とやけに高い。


基本、京都はどこに入るにも大体入場料を取られます。
でも、高くても500円ぐらいがほとんど。
安かったら300円ぐらい。


それを考えると、1,000円は高い。


そこまでの価値はあるのかなぁ。
るるぶの紹介欄も小さいし。
それにそこそこ広そうなので時間かかるかも。

まだ行きたいところもあったので、一旦保留して、時間が余ればまた考えることにしました。

別に全てに行かなくても、次の機会にすればいいしね(´ω`)



そしてそのまま進んでいき、トロッコ嵐山駅に到着。
ちょうどトロッコが到着したところで、タイミングいい。まぁ乗るわけではないが。

ちらっとだけ見て、目的地へ方向転換。
道を確認し、そのまま進もうかと思ったところで、逆方向になにやら小さい神社が。

あれはなんぞ?と思っていたら、「御髪神社」とか書いている。
ふむ。


私、気になります!^^


ガチでそんなことを呟いて、ふらふら~っとそっち方面に向かうぴよ。
声が聞こえる範囲に人がいなかったとは言え、そこそこ観光客がいる中で怪しい独り言をいう人間が。。。

こういう人には気をつけましょうね(ノ∀`)

行ってみたら、なんてことはない小さな神社でした。
でも、「日本で唯一の頭と髪の神社」らしいです。
そっち方面では有名なのかな?
小さい神社だけどお守り売り場もあったしな。もちろんこっちも小さかったが。


一応手だけ合わせて、そのまま来た道を戻る。
んで、元の目的地方面へ。
そして到着。





常寂光時





常寂光寺。

残念ながら本殿が立て替え中とのこと。
マジで取り壊していたのでびっくりした。
てっきり修繕とか補修とかそのレベルだと思ったら、完全に崩していた。


え、いいの?歴史は?(゜Д゜;)


少し疲れてきたところで、お茶屋さんがあったため、抹茶セットを頼み少し休憩。
抹茶も茶菓子もうまかー(*^_^*)

ほどほどで進撃再開。
二尊院はあまり興味なかったのでスルー。

途中変な庭?みたいなところがあったので、やっぱり「私、気になります!」とばかりに突進。
なんかあっちこっちに和歌を掘った大きな石が置いてありました。
小倉百人一首が多く、懐かしかったですねー。
中学の頃、行事としてある程度覚えさせられたので、久々に思い出しました。

のんびり散策した後、次の目的地へ。
次は結構楽しみにしていた場所





祇王寺





祇王寺。

いいよ、ここすっごいいいよ。

ものすごく気に入りました。
規模的にはとても小さな場所なのですが、所謂苔庭がとても壮大。
あまりここまで来る人が多くないのか、人も少なくゆっくり見回れました。
気に入りすぎて思わず2週した(笑)

なんていうかな、もののけ姫の舞台をミニチュア化したような感じ?ちょっと違うか。

一面緑の絨毯が広がっているような感じです。
癒される、すっごい癒される。





小さな森





これなんか小さな木が集まって森になっているみたいでかわいい。
他にも





祇王寺 景観
祇王寺 景観2





こんな感じや





祇王寺 景観3
祇王寺 景観4





こんな感じな雰囲気です。
もうこの写真ラッシュだけでぴよがどんだけ気に入ったかわかると思う。
でも正直、実際に行ってみて欲しい。

広さは全然広くないです。むしろ小規模。

普通に歩いたら5分もかからないです。
そんな場所に30分以上いた気がする(笑)

こういう場所が好きな人にとっては、ほんと飽きないですよ。
もうこれだけで、今日来てよかったーと思いました。



そして出て、ふと右を見るとなにやら別の神社があるような気配。
なんか細い道にすごい数の看板がある。
曰く



「この先入場料必要!」
「入場料払わない人の出入り口撮影禁止!」
「払う人は撮影可!」




と言った内容のものを大量に。
英語でも書かれていました。
もうほんと大量に。

これは……気分悪いなぁ。

なんかこんなこと大量に書かれていたら、「誰が見に行くかボケ!」と思ってしまうのはぴよだけですか?
ちっさいなぁ。



この段階で時刻は15時30分ごろ。
う~ん、微妙。
戻るには早いし、かといってもう当初見ようと思っていたところは全て回りました。

う~ん、大河内山荘庭園に戻るか?と思いつつるるぶを見ていると、遠方に鹿王院とやらが。
ふむ。
ちと遠いが……紹介写真を見た感じ、良さそうな雰囲気。
遠いのも時間がつぶれていいんじゃないだろうか。
そして何より



「小春原日和の育成日記(注:ラノベ)」に出てくるキャラの名前と同じだよな(ぁ



はい、これが完全に決め手でした。
ダメ人間、ここに極まる。
どうなんだろ、ここから名前取っているんじゃないのかなぁ。と勝手に推測。知らんが。



そしてえっちらおっちら歩くぴよ。
るるぶの地図を頼りに、どう歩いたら効率いいか考え目的地へ。

そこまでしたのに入った場所が「曇華院」というお墓だったっていうね。

てっきりその奥にあるものだと思ったら、普通にお墓のみでした。
しれっと戻るのに苦労したよ……orz
前にも後ろにも人がいたからねぇ。。。

目的地は完全にお隣でした。
というわけでれっつらごー。

入り口の雰囲気はいい感じ。
前にカップルさんが歩いている以外、人はいない。
なのでいなくなってから入り口の写真を撮る。

んで、奥の本殿のところで入場料。
「御用の方はベルを」と明らかに人が来ていないんだろうなぁと思える仕様。
そして





鹿王院





こんな場所。
これだけ見たらそんなに悪くないのですが、これしか見所がない。


るるぶに枯山水がどうのこうのって書かれていたのですが、え、どこ?状態。

ここか?ってところがあったのですが


適当にトンボをかけたとしか思えないレベル。


しかも、奥で何かの工事しているのかして、足あとががが。


こ、これは……。
もしかして……。





ハズレというやつだろうか。





さ、30分かけて歩いてきたのに。。。

しかも隣には唯一の別客(カップル)がいる。
なにこの居たたまれない感じ。
ぴよ、完全に邪魔者じゃん。

ようやく二人が移動して、ぴよも時間を置いて移動。

したら、ふと通路の下を見たら枯山水っぽいものを発見。


え、これ??


なんか残念な気持ちでいっぱいになりつつ、奥の本殿と離れ(写真の場所)を見て、撤収しました。。。
い、入り口から門までの通路は良かったのにな……。



そこから歩いて戻っても良かったのですが、せっかくなので嵐電に乗ってみました。





らんでん





まぁ記念ですな。
そして嵐電嵐山駅で降り、周辺でお土産物色。

会社への土産が超迷った。
自宅は漬物に決めていたし、別部署への土産もあたりをつけていたのですが。

ま、こういうの迷いながら見ていくの結構好きなので全然いいのですが^^
こういう時は一人の方が気にせず動けていいですね。
誰かいると、待たせると悪いしな。


観光ばっかりだったので、そこで嵯峨野コロッケとおかきを食する。
ちょうど小腹空いていたしね。

そして渡月橋を再び渡り、うろうろしながら晩御飯候補を探す。



探した結果、昼と同じくそばになるという残念な事態に。



い、いや、イマイチいいところがなかったんだよね。
たっかい御前みたいな場所はあったけど。
せっかくなので京都らしい何かを食べたいなぁと思ったら、「京都地鳥、九条ねぎ」の内容がある定食(しかもタイムサービス中)があったので、そこに入ったのです。

そこもそば(冷・温)となっていたので、せめて晩は冷(ざるそば)にしようと「九条ねぎの冷で」と頼んだら



「九条ねぎ入りは温しかない」



と、無常の回答が……!
ぐ……、しかし九条ねぎを外すと最初のコンセプトたる京都らしさが……。


で、諦めて「じゃあ温で」と相成りました。
いいよ、九条ねぎ美味しかったから。
そばはなんかやたら千切れて微妙でしたが。
ここも手打ちってなっていたんだけどなぁ。



食事後、駅へ戻っている途中で温泉場を発見。
疲れた体に温泉ってちょうどいいよなぁ……と、ものっそい入りたい衝動に駆られるぴよ。
でも着替え何ひとつ持っていないので、泣く泣く断念。しょんぼり。

ま、まぁでも風呂って意外と体力使うし、逆に疲れるかもしれないからいいんだ……!と無理矢理自分を励ます。
もうこの時点で色々と精神ダメージを負っていますね。





そんなこんなで京都日帰り旅行は終了。

いやー、ひたすら歩きましたねー。
11時ごろに嵐山に着き、嵐山駅に戻ってきたのは19時ごろ。
昼と晩の食事以外ほとんど休憩しとらん(^^;
よく歩いたもんだ(;´∀`)

とはいえ、非常に満足いく旅行となりました。
天龍寺、竹林の小道、祇王子。
ものっそいいい場所でした。
またどこかの機会に行きたいですね。



そうそう。
観光中なんやかんや写真を撮ったのですが。


天龍寺以降、るるぶでの紹介写真と同じ風景を撮ることに一生懸命でした(ノ∀`)


今回の二日間での写真、それぞれの場所の一枚目はるるぶの紹介写真の場所そのままです。
ただし、相当前のるるぶだけど。
ほぼ完璧に再現しています。

きっかけは、紹介写真に使うポイントって、やっぱりかなりいい風景なので、必然的に同じ場所を撮ればいい写真撮れるんじゃないの?ってところから。

ま、こういう楽しみも持ちながら散策していると面白いよね(^^



それでは今日はこの辺で。















京都ぇ……




さすが京都としかいいようがなかった。















【副音声】

月夜「珍しく写真が満載の二日だったわね」
ぴよ「まぁせっかくの旅行だしね。 るるぶの風景に合わせて撮るの楽しかったわ」
月夜「いるよね……そういう田舎者……」
ぴよ「ちょ、田舎者言うなし!」
月夜「『出身:神戸@ただし田舎』って会社でも有名じゃない」
スポンサーサイト


雑記 | 22:59:17 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。